マイクロスコープのある歯医者で診てもらう

バナー

マイクロスコープのある歯医者で診てもらう

マイクロスコープは、肉眼の30倍の拡大でものを見ることができ、今まで人間の目で見えなかったものが見られるようになったことで、脳外科や心臓外科の手術ではなくてはならない医療機器となっています。


歯医者でもマイクロスコープが利用されるようになりましたが、その普及率はまだ3%程度と低いものです。初期の虫歯は痛みがないため気が付くことがほとんどなく、歯科医でも見つけられないことが多く、分かったときはかなり進行している状態です。



マイクロスコープがある歯医者なら、肉眼では見えない部分まで確認できますので、早期発見することができ早期治療につながります。マイクロスコープは、保険診療、自由診療にかかわらず利用している歯医者もあり、、精密な治療を受けることができます。



食事中などに歯に違和感があって歯医者で診てもらったが、問題がないと言われてしまうことがありますが、これは肉眼では分からないからです。

新しいlivedoorニュースの関連情報がご覧になれます。

マイクロスコープがある歯医者で診てもらえば、違和感の原因が分かり治療することで解消することができます。
限界のある肉眼治療とは違い、より正確な診断と治療が可能になります。


1ミリ以下の精度が要求される治療でも可能となりますので、見つけられない問題も治療できない問題もありませんん。
歯は元気で長生きするためにも、大事な部位です。

1本でも多くの健康な歯を保持するためには、毎日の歯磨きと歯科での定期健診、そして早期発見・早期治療ができることです。