歯医者でマイクロスコープを用いる重要性

バナー

歯医者でマイクロスコープを用いる重要性

多くの歯医者で用いられている機器の中に、マイクロスコープと呼ばれるものがあります。これは歯科用顕微鏡とも呼ばれるもので、治療したい部位を非常に高い倍率で確認することができます。


実際、歯医者で行なわれているさまざまな治療に関連してこのマイクロスコープを用いることには非常に大きな意義があると言えるでしょう。


人の口腔内の治療を行なう上で、肉眼に頼ることにはかなりの限界があります。

なぜなら口腔内は狭くて暗いからです。


加えて、私たちの肉眼では歯の内部を見ることはできません。


そのため、肉眼に頼る場合は、自分が過去に学んできた解剖学的な知識に基づいて治療を行なうことが必要となります。



いわば一種の勘に頼って治療を行なわざるを得ないということです。
これでは、安全で適切かつ確実な治療を行なう点でかなり限界があると言えるでしょう。しかし、歯医者がマイクロスコープを用いて治療を行なうなら、歯根の奥深い部分まで拡大して見ることができます。

それで、直接確認して汚れを取り除いたり治療を行なったりすることができます。歯根が曲がっているような場合でも、マイクロスコープを用いるなら、必要な治療ができるでしょう。

ガジェット通信のマニアックな情報をお届けします。

加えて機械化が進んでいるため、より効率よく必要な作業を行なうことができるのです。



このような理由で、多くの歯医者では虫歯の治療や根管の治療、また審美治療、さらにはインプラント治療などにおいてマイクロスコープが広く用いられるようになっています。