審美歯科のラミネートべニアによる治療法

バナー

審美歯科のラミネートべニアによる治療法

ラミネートべニアと呼ばれる歯の治療法があります。

むし歯のような病気を治す目的としてでなく、美しさを求める審美歯科の治療法として利用されることが多くなっています。

審美歯科は一般歯科を取り扱っている歯科医院で普通に実施されていることがありますが、ラミネートべニアの取り扱いのある歯科を選ぶのがコツです。

ラミネートべニアを受けると、歯の隙間を改善することができます。
歯の表面を薄めに削り取り、その部分にオールセラミック、もしくはハイブリッドセラミックをくっつけることで、見た目を綺麗にできます。

よく利用されているNAVERまとめは無限の可能性に満ちあふれています。

歯を白くしたい場合にも有効です。歯を白くする審美歯科の治療法として、ホワイトニングというものが存在しますが、ホワイトニングには限界があります。

ホワイトニングよりも、効果的な治療を行いたい場合に、ラミネートべニアは役に立ちます。

歯の表面を削りますが、削る範囲は少なく済みますので、歯への負担が少ないのがメリットです。



ラミネートべニアで使われる素材の種類の特徴に関して、オールセラミックは純粋なセラミックの素材でできており、強度に優れています。長時間の使用でも、色がくすむ心配がありません。
見た目は自然の歯にとても近く、バレにくいというよさを持っています。
ハイブリッドセラミックは、レジンという合成樹脂を混ぜて作られたものです。



オールセラミックよりも価格が安いのがメリットです。
その代わりに強度がやや弱くなっており、変色が起こる可能性があります。